工夫次第で異なる求人探し|自分に合った仕事を探そう

施工管理士の職業

最大の強みとなる資格

求人には、様々な種類があります。初心者歓迎や経験者優遇、資格所持者優遇等、様々な文言で募集されています。求人に募集する際に、優遇される条件をクリアできる事は、自分の強みですよね。逆に言えば、資格や経験等の強みがあれば、採用される確率が上がるのです。資格を持つ事は、自分にとって必ずプラスに働く事が分かると思います。 建設業界の求人で優遇される資格が、施工管理です。建設業界には様々な工種が存在する為、施工管理の資格も複数存在します。建築施工管理技士や土木施工管理技士等があり、全部で6種類存在します。いずれも国家資格として、1級と2級に区分されています。年に一度しか試験が無く、特に1級は難度が非常に高いです。しかし、取得すれば求人に応募する際、確実に優遇されます。それは、施工管理技士の資格を持つ者を採用する事で、その建設業の企業は経営事項審査における加点対象となるからです。 このように、建設業界において施工管理の資格は、最大の強みと言える資格である事は間違いありません。

施工管理を持つ事で更なるスキルアップが可能となる

求人の応募に際して、施工管理の資格が非常に役立つという話をしました。今度は、資格を持つ事で更なるスキルアップが可能となる情報をお伝えしたいと思います。 施工管理技士の1級を取得した方は、監理技術者になれる事が認められます。監理技術者は1級の資格を持つ方しか受験できな資格です。 監理技術者とは、元請負の特定建設業者が請負代金3000万円以上の工事、建築の場合は4500万円以上の場合に専任で配置しなければいけない技術者の事を言います。つまり、監理技術者がいなければ、その企業は大きな工事を請け負う事が出来なくなります。したがって、監理技術者は建設業界で非常に重要な資格であると言えます。 したがって、施工管理技士1級を取得していれば、建設業界で更に重要な資格である監理技術者の資格を取得する事もできる。つまり、建設業界の企業は、このような人材が喉から手が出るほど欲しくなる事が分かると思います。 このように、自身のスキルアップは非常に重要な事なのです。スキルは一生物です。これを機に、努力をしてスキルアップしてみてはいかがでしょうか。